小田急線・新ダイヤの混雑状況(2018年)

小田急新ダイヤ
スポンサードリンク

目 次

1相模大野駅・新旧ダイヤ比較

. 6:00~6:59

7:00~7:59

..8:00~8:59

..6:00~8:59

2通勤ラッシュ時間帯における
.「相模大野」乗車時の混雑率

..2.1新宿行
…….快速急行の混雑状況

..2.2千代田線乗り入れ
…….通勤準急の混雑状況

3まとめ

アイキャッチ画像は
ODAKYU VOICE
複各線で運転開始・小田急が変わります
から引用しています。

 
3月17日(土)小田急線の複々線化に伴いダイヤ改正された、小田急新ダイヤに「相模大野」から乗って、朝の通勤状況を調べてきました。

新宿行の殆どが、急行から快速急行に変わりましたので、旧ダイヤよりも最大で12分程「新宿」に早く到着する様にはなりましたが、ダイヤ改正前よりも「町田~新百合ヶ丘」の混雑がひどくなった様です。
朝の時間帯別に旧ダイヤと新ダイヤを比較検討しました。

 

スポンサードリンク

1
相模大野駅・
新旧ダイヤ比較

 6:00~6:59


種別



比較
特急・新宿 2 2 0
小計 2 2 0
快速・新宿 0 6 6
急行・新宿 9 0 -9
準急・新宿 1 0 -1
小計 10 6 -4
急行・千代 0 2 2
準急・綾瀬 1  0 -1
通勤準急 0  3 3
小計 1  5 4
各停・新宿 6  5 -1
各停・町田 0 1 1
小計 6 6 0
合計 19  19 0


 7:00~7:59


種別



比較
特急・新宿 0 0 0
小計 0 0 0
快速・新宿 0 12 12
急行・新宿 12 0 -12
準急・新宿 2 0 -2
小計 14 12 -2
急行・千代 0 0 0
準急・綾瀬 4 0 -4
通勤準急 0 5 5
小計 4 5 1
各停・新宿 4 6 2
各停・町田 3 2 -1
小計 7 8 1
合計 25 25 0


8:00~8:59


種別



比較
特急・新宿 0 1 1
小計 0 1 1
快速・新宿 3 7 4
急行・新宿 7 3 -4
準急・新宿 2 0 -2
小計 12 10 -2
急行・千代 0 0 0
準急・綾瀬 1 0 -1
通勤準急 0 1 1
小計 1 1 0
各停・新宿 3 6 3
各停・町田 4 1 -3
小計 7 7 0
合計 20 19 -1


6:00~8:59


種別



比較
特急・新宿 2 3 1
小計 2 3 1
快速・新宿 3 25 22
急行・新宿 28 3 -25
準急・新宿 5 0 -5
小計 36 28 -8
急行・千代 0 2 2
準急・綾瀬 6 0 -6
通勤準急 0 9 9
小計 6 11 5
各停・新宿 13 18 5
各停・町田 7 3 -4
小計 20 21 1
合計 64 63 -1

 

スポンサードリンク

2
通勤ラッシュ時間帯における
「相模大野」乗車時の混雑率

小田急線・新ダイヤ(6:00~8:59)では、千代田線乗り入れを多摩線から小田原線に変更したことで、新宿行は△8本減、千代田線乗り入れは5本増となりました。

新宿行 比較
快 速 3 25 +22
急 行 28 -25
準 急 5 0 -5
36 28 -8
千代田 比較
急 行 0 2 +2
準 急 6 0 -6
通勤準 0 9 +9
6 11 +5

上記のほか
複々線化による輸送力増加分は

「相模大野駅」停車の特急 1本増
「相模大野駅」通過の特急 2本増にも充てられています。

2.1
新宿行
快速急行の混雑状況

快速急行により「新宿」までの所要時間は短縮されていますが、旧ダイヤと比較すると「相模大野」においては、新宿行の輸送力が大幅に低下しています。
このため、

  • 「相模大野」乗車時の混雑率が以前の急行と比較して悪化。
    吊革になかなか掴まれない。
  • 新宿行の本数の削減により非常に不便になった。
    自宅を早く出なければならない事になり、複々線化による
    新宿までの所要時間の短縮効果が相殺されている。
  • 「町田」においても「相模大野」と同様で、ホームに溜まった乗客が快速急行に乗り込むため「町田~新百合ヶ丘」の混雑が、新宿までの間で一番酷くなった様に思います。
  • 「唐木田」「小田急多摩センター」(始発)の急行・通勤急行(新宿行)が6:00~8:59の間、12本「新百合ヶ丘」経由で運行されているため、ダイヤ改正以前よりも「新百合ヶ丘」で乗車する乗客が減るはずなのですが、時間帯によっては車内の混雑状態は更に酷くなります。

    6:00~6:59:通勤急行  2本
    ………………..急行    1本

    7:00~7:59:通勤急行  6本
    8:00~8:59:通勤急行  3本
    …………..  ..          ..12本

  • 「登戸」では、南武線に乗り換える乗客、通勤準急に乗り換える乗客の方がおりますので、車内では、多少の余裕ができます。
    以降「下北沢」では、降車乗客 > 乗車乗客ですから空き々です。
  • 「代々木上原」では、千代田線に乗り換えの乗客も大勢いますので更に空き々です。
    時間帯によっては、ホームに溜まっている乗客が乗車するため、酷い混雑状態の快速もあります。

2.2
千代田線乗り入れ
通勤準急の混雑状況

千代田線乗り入れですが、急行・通勤準急で5本増加していますから「相模大野」乗車時の混雑率は改善されてはいますが、「代々木上原」までの所要時間はおおむね50分。

旧ダイヤと同様の所要時間で、新ダイヤにおいても改善は見られません。

「相模大野」では、通勤準急から快速急行に乗り換える方がおりますから、座れはしませんが車内はガラガラです。

快速急行が停車しない「玉川学園前」~「柿生」で多数の乗客が乗車されますが、「新百合ヶ丘」までの間においても、新聞など余裕で読むことが出来ます。

旧ダイヤの準急・綾瀬行の時は、鶴川で車内移動が難しくなりましたが、新ダイヤの通勤準急では、玉川学園前で車内移動が出来なくなりました。

通勤準急の始発は「海老名 」「 本厚木」となり、座っている
乗客は大手町方面に向かう方が多数派で、小田急線内の駅で席を立つ方は少ない様です。

 

通勤準急は「登戸」で「南武線」に乗り換える乗客が大勢いらっしゃいますので、車内混雑度は軽減されますが、快速急行が停車しない「成城学園前」「経堂」に停車するため「経堂」~「下北沢」間はめちゃ混みの状況です。
それでも、ダイヤ改正前の急行
が「成城学園前」に停車していた時に比べて多少余裕がある様です。

3
まとめ

「相模大野」では、朝ラッシュ時間(6:00~8:59)「新宿」に向かう列車が△8本減少していますから、「相模大野」「町田」乗車時の混雑度の悪化は当たり前ですよね!

京王相模原線から小田急多摩線に乗り換えを促すために、「唐木田」「小田急多摩センター」に通勤急行・急行合わせて12本、新宿行の始発を設定したことが一番の要因です。

朝ラッシュの時間帯に多摩線を経由して「新百合ヶ丘」から通勤急行など12本運行しますから、「新百合ヶ丘」以西の小田原・江ノ島方面の新宿行の列車本数は減るのは当たり前です。

小田急線・新ダイヤ策定以前は、京王線との競合を避けるため、多摩線からの列車は全て千代田線乗り入れとしていましたが、京王相模原線からの乗り換えを促すためとしても、12本全てが「新宿」行きは極端すぎるダイヤと思います。

多摩線乗車の中にも千代田線を利用されている方は多数いるはずですし、「新百合ヶ丘」から西の小田原・江ノ島方面の既存利用者の利便性をないがしろにしてまでの新ダイヤです。

特急3本増発するなら、快速急行を3本小田原線に投入して頂きたいものです。

小田急グループが進めている海老名市のタワーマンションなどの再開発が進捗して乗降客数が増加しますと、小田原線利用者の不満はさらに高まります。

最近になって気付きましたが、夕方帰宅時の「新百合ヶ丘」18:25分(
発)の快速急行「唐木田」行きを見てみますと、「新百合ヶ丘」で殆どの乗客が18:26分発の「本厚木」行きに乗り換えます。

快速急行「唐木田」行で立っている乗客は少数派、対して各停「本厚木」行きは超満員です。

8時25分発・快速急行唐木田
いつもこの様な状態ではないとは思いますが「京王相模原線」からの乗客シフトが、思惑通りには進んでいない状況を表していると思われます。

多摩センターから新宿まで、「京王相模原線」「小田急多摩線」を比較しますと?

項  目 小田急
種 別 準特急 通勤急
多摩センター
(溌)

07:02

07:08
新 宿(着) 07:44 07:48
所要時間(分) 42 40
交通費(円) 319 370
6ヶ月定期 64,430 69,880

6ケ月定期代が京王線と比較して小田急線が5,450円高くなっていることが、京王線からの乗客乗り換えシフトが進まない原因ではないでしょうか?

利用者としては、始発で座っていける小田急線にチェンジしたいと思っても、勤務している企業が定期代がお安い路線を選択する様に指示しているのではないでしょうか?

6ヶ月定期代が京王線と同額程度にならないとこの状態は解消されないと考えられます。

新百合ヶ丘駅の3番から1番ホームに乗り換えを強いられる「柿生」~「玉川学園前」にお住まいの方も一言、お客様センターに言いたくなりますね。

2018年の小田急線・新ダイヤを「新百合ヶ丘」以西の利用者がまとめると下記の様になります。

  • 京王電鉄㈱リベンジダイヤ
  • 利潤追求のため > 既存利用客の利便性ないがしろダイヤ
  • 目論み外れの空回りダイヤ
  • 複々線化による所要時間短縮・台無しダイヤ
    となります。

3月17日の小田急線・新ダイヤ以降、朝の通勤方法を色々と試してみました。

「新宿」までの車内混雑を避ける方法ですが、「相模大野」「町田」にて快速急行・座席前の吊革に掴まることが出来ない様な状態であれば、後続の通勤準急に乗車して「登戸」にて快速急行に乗り換えるのが良い方法と思われます。

「町田」の階段辺りに停車する車両に乗れば、横浜線へ乗り換える方が大勢おられますから、運が良ければ座れる可能性があります。

運良く座れたならば、「代々木上原」で快速急行に乗り換えても良いですね。
所要時間はかかりますが、混雑を避けるには良い方法と思います。

「新百合ヶ丘」以西の小田急線利用者は、2019年春のダイヤ改正に期待するしかない様ですね。

 

以上「小田急線・新ダイヤの混雑状況(2018年)」でした。

 

関連記事

 

スポンサードリンク

コメントを残す