さがみはら市民朝市(相模大野)で新鮮な野菜を買いました

市民朝市卵販売
スポンサードリンク

目 次

1開催日時・開催場所

2駐車場

3朝市の様子

4注意事項

1
開催日時・開催場所

相模原市民朝市運営協議会が主催している市民朝市です。
市内農家さんの採りたて野菜や養鶏場の朝採れ卵などを買うことができますので地元では大人気。

毎月の第1・3日曜日は、相模大野に近い市南区合同庁舎の駐車場で、第2・4日曜日は相模原税務署近くのJA相模原市本店前駐車場で開催されます。
4月~9月は7:00~8:00時、10月~3月は8:00~9:00時まで。

2
駐車場

管理人は南区合同庁舎に自転車で行きますが、駐車場もありますので車で来られても大丈夫。
TSUTAYA・BOOK OFFを目印にされるとわかり易いです。
南区合同庁舎の入口には係員が立っていますので、合同庁舎の駐車場が満車の場合には、第2・第3駐車場を案内してくれます。

3
朝市の様子

 

朝採れの新鮮野菜や地場の卵が大人気で、みなさん大量に買われます。
お店の前には、生産者名、住所、電話番号が記載されたプレートが掲示されており、生産者さんの顔がしっかり見えるところが良いところですね!

朝市プレート

曲がったキュウリや形が悪い大和イモは、味は変わりませんが、さらにお買い得価格となっています。
他にも、豆腐、調理パン、惣菜、おこわなどの弁当類、イチゴ大福や酒まんじゅうなどもあり、和菓子類が売れ残りそうな時にオマケで頂いたこともあります。

管理人が5月7日の南区合同庁舎朝市に行きましたら、すでに野菜をカゴに詰めてレジに並んでいる人が50人、卵(店舗名:昔の味たまご)を求める方は70人ほども並んでいます。
直売所の販売価格よりも、朝市のほうがお安く売っています!

南区合同庁舎朝市の人気は、卵>野菜>惣菜>和菓子>その他の順になっている様です。
上溝駅近くの和菓子屋(店舗名:餅の三吉野)さんが販売している和風豚まんが評判ですので食べたいなーと思いつつも一度も買えたことがありません。

合図と伴に7:00から販売開始となりました。
管理人も野菜をと思いましたが、なかなか野菜を置いている平台の前にたどり着けません、トマト、新タマネギ、キュウリ、大和イモ、卵を購入することができました。

夕飯にはとろろ汁とサラダで食べましたが、野菜の新鮮さが伝わってきます。
実際に冷蔵庫で保管しても、スーパーで買った野菜と比べると、持ちが良い様です。

お目当ての野菜や卵は、販売開始から20分ほどで売り切れてしまうこともある様ですので、ご夫婦で来られたなら、旦那様が卵で奥様が野菜の列に並ぶのが良い選択です。
お一人でしたら、野菜、卵の順が良いと思います。

市民朝一 和菓子

スポンサードリンク

4
注意事項

朝市特製エコバッグを100円で販売している様ですが、朝市ではビニール袋に入れてくれませんので、自前の買物袋を持参して下さい。

最後に、第2・4日曜日開催のJA相模原市本店前駐車場は2017年10月より開催場所が相模原市役所の正面玄関前広場に移転する様ですので、あらかじめお調べの上、お出かけ下さい。

相模原市トップページ › 暮らしの情報 › 市民農園・農産物 › さがみはら市民朝市について 

スポンサードリンク

コメントを残す